【実体験】ニナファームの実態を徹底解析!

【無料】友達に声をかけずにダウンを惹寄せるメルマガ

最近ニナファームを聞くようになりました。ネットワークビジネスでもなんだか違う、フランスの会社?それとも日本??謎が多く気になってきたので実際にやっている友人に徹底的にきいちゃいました。ニナファームが気になっている人は是非参考にしてくださいね。

ニナファームの実態:会社について

まず、ニナファームは母体がフランス、そしてニナファームジャポンは日本の株式会社です。フランスではパスツール研究所抗酸化学会と一緒に製品開発をし、なんとその製品は原料として皆さんもご存知のフランスの化粧品ブランドに原料を提供しているようです。あとは製薬会社への原料提供もしているようで、なんだか他のネットワークビジネスとは違う、という実態がだんだん見えて来ました・・・ますます気になるニナファーム、次はその一押し商品を見てみましょう。

ニナファームの実態:商品について

一押しは「サンテアージュ・オキシリア288」というサプリメントのようですが、まぁ、健康をうたったサプリなんて、今はコンビニでも沢山手に入る時代です、はっきり言って今更サプリなんてもう要らない、って人が大半ではないでしょうか?そこでニナファームを熱心にやってる友人をせめてみましたw

「サプリなんてもういらないんじゃない?どこのでも、うちが一番いいって言ってるよね」

友人の回答は・・・

「最初はそう思う人がほとんどだし、私もそう思ってた。じゃぁ例え話してみるね。よくあるサプリとニナファームのサプリの違いを説明するのに携帯電話を想像してみて。携帯電話があなたの身体よくあるサプリはアプリみたいなもので、膝腰にはこのアプリ、肌にはこのアプリ・・・と言った感じでアプリを足していく感じ。

じゃぁニナファームのサプリはって言うと、携帯電話の充電くらい大切な働きなの。」

ほぉ、わかるような、わからないような。。。でも凄さはちょっと伝わってきた。

友人「どんなにアプリを足しても充電切れたら使えないよね、ニナファームはその生命の根本的なところを確実に充電していくの。」

ふむ。あとはミトコンドリアとかの話になるようなので、また次回詳しく記事にさせてもらおうと思う。ただ「他と違う」というニュアンスはわかった気がした。

ニナファームの実態:可能性について

ビジネスとしてとらえるなら一番大事なのがチャンス性。例えば、携帯電話がまだまだ未常識だったころ「携帯電話はこれから来る」といち早くチャンスを理解して行動した人は、今携帯電話を使っている人からのお金が毎月流れてきている。

つまりお金は使う人から広める人に流れる。そして、もう常識になっているものにチャンス性はない。今から来るものにいち早く目をつけ、そのチャンスを掴む必要がある。

そう言う目でニナファームをみたとき、友人が言うには「万博知ってる?」私は恥ずかしながら、オリンピックは知っていたが万博についてはほとんど興味がなかった、でも万博でニナファームはフランス代表として発表されるらしい・・・それって・・・今から来る、ってこと?聞いてみると友人は嬉しそうに「そう!」と大きくうなずいた。。。

まとめ

今から熱いニナファーム、社会の動きも予防医学に向かっているし、もし気になるなら会社説明会に行ってみてもいいかもしれない、、、そう強く感じたので記事にまとめてみました。参考になれば幸いです

ただ一つ・・・最後に・・・ネットワークビジネスはインターネットで拡散してはいけない会社も多々ありますので、ご注意くださいね。ニナファームもその一つみたいです。

口コミきつい〜とわかってるかたはこちらもご参照くださいね↓

【無料】友達に声をかけずにダウンを惹寄せるメルマガ

スポンサーリンク
【友人に嫌われずにダウンをつくる方法】