【実録】夏の暑さドテラのペパーミント オイルでどこまで変わる?!

【無料】友達に声をかけずにダウンを惹寄せるメルマガ

夏のジメジメした暑さ、家にいる時は寝るときも寝苦しいのでクーラー付けっ放しでグッタリ。外に出ると熱気でグッタリもう〜どうすればいいの??!!我慢するしかないの?色々なヒンヤリグッズも出ていますが、今回はドテラのペパーミントオイルで夏を快適にする方法実録をシェアします。

ドテラのペパーミントでないとダメなの?

ドテラのオイルは厳しい基準を設けて管理しているので、肌につけたり内服する時には品質の良いオイルかどうか確かめることがとても大切です。農薬や化学残留物などが入っていない物を利用くださいね!その点ドテラのオイルは安心してお子様からシニアまで使えるようですよ。せっかく使うなら安心して色々な用途に使えるオイルがやっぱり嬉しいですね〜

ペパーミントオイルの超オススメ夏の使い方3選

  1. お風呂やシャワーに!お風呂あがりもスッキリ
  2. 外出先や室内でもクーラー要らず!スプレーや直接肌に
  3. 食欲がないときはペパーミントを摂取!ミント水やビーズで手軽に

夏のオイルの使い方その他はこちら

1つ1つ見ていきましょう、まず

ドテラのペパーミントオイルでお風呂もスッキリ

お風呂には数滴垂らして、シャワーの場合はシャワーのお湯が当たる床の部分に数滴垂らしてシャワーに当たります。シャワーのお湯が床に落ちてペパーミントの香りとスッキリ感があがってきます〜 これは手軽でいいですね。よく市販の「クール」みたいな入浴剤もありますが、ちょっと香りがキツくて苦手な人や、敏感肌の人、お子様にもドテラのオイルなら一滴だけにしてみたり、と調節もでき、100%天然成分なので安心です〜

それは1人クーラー?!みんなにも教えてあげたいペパーミントの底力

注意:結構効くのでココナッツオイルなどのキャリアオイルで希釈してから試してみてくださいね。私は慣れているので直接手のひらに一滴とり、まずは香りを吸引して喉からのスッキリ感を満喫した後に首筋や胸元に塗ります。ちょっと風が吹いただけでヒンヤリします〜クーラーが使えない屋外はもちろん、ずっとクーラーを使いたくない室内、もちろん就寝時にも大活躍ですね・・・

直接がちょっと強いなぁ〜と感じる方はスプレーにして持ち歩き、時々肌にスプレーすることも最高です。目に入らないようにご注意くださいね。もし目に入ってしまったら水で洗い流そうとすると悪化しますので、キャリアオイルでふき取るようにしてください。

就寝前は足の裏に塗るのもいいみたい、と聞いて「足の裏?!」と最初は半信半疑だった私も、足の裏は人間の進化の過程で体に良いものを大地から取り入れて身体中に運ぶらしいです、びっくりですね。足の裏は肌も強いので、初めて肌につける時にもオススメらしいです。お子様が寝るときも希釈して足裏につけてあげたら安心ですね。

食欲にも?!ドテラのペパーミントは内服できるらしい

エッセンシャルオイルは本当に品質の良いものは少量を内服することで身体の内部から体調を整えてくれます。夏の暑さで食欲がない、ちょっと食べたら胃がもたれる、なんてありませんか?昔モロッコに旅行に言った時に、モロッコでは食後にペパーミントティーを飲むのが習慣なんだなぁ〜と軽く捉えてある夜、ペパーミントティーを飲まずに寝た夜、なんと見事にお腹が痛くなってびっくり・・・ちゃんと習慣には意味があるんだ、と実感しました。特に衛生状態が最高とは言えないモロッコの露店などでの食事は消化するのも大変、ペパーミントが大切な役割を担っているようでした。

ドテラのペパーミントオイルをコップいっぱいの水に一滴垂らして飲みます。そのスッキリ感がやみつきになりそうです。。。私はステンレスの水筒に入れて一日中少しづつ飲んでます。(プラスチック、特に薄いものは溶けてしまうことがあるので注意です)一滴でいいの?!と疑ってしまいそうですが、なんとドテラのペパーミントオイル一滴はペパーミントティー28杯に相当するそうで、それは28杯飲むより1滴が手軽だなぁ〜と。ありがたくミント水を飲んでおります。ビーズと言って小さな粒をそのまま飲むこともできる商品もあります、外出先でちょっと摂取するのにとっても便利で人気みたいですよ。私は歯磨きが出来ない時など口の中でビーズを噛んでスッキリしてます〜

まとめ

どうでしたか?私は夏にドテラのアカウントを作成したので、毎年夏には更新料を払って、更新料以上のお値段のペパーミントオイルを一本プレゼントでもらっています〜日本の夏が辛い、体調が優れないけど病院に行くほどではない、何をしたらいいかわからない方は、子どもやシニアにも使えるドテラのペパーミントで少しでも快適になるといいですね^^

【無料】友達に声をかけずにダウンを惹寄せるメルマガ

スポンサーリンク
【友人に嫌われずにダウンをつくる方法】